婚約指輪の選び方はどのようにしたらいいのですか?

婚約指輪は男性から女性への結婚申込みに必須のもの。

多少は値が張りますが、ダイヤモンドとプラチナを基本に探しましょう。

選ぶ際の基本を記述します。

■基本はダイヤモンドとリングの組み合わせ。

婚約指輪は、男性から女性に結婚の申込みをする愛の証です。

そのため基本的にはプラチナなどのリング素材に高価なダイヤモンドの宝石をあしらったものが主流です。

ダイヤモンドは高価ではありますが、宝石の中ではもっとも堅い石であることから“永遠”という意味をもち、“壊れない・崩れない”といった意味もあわせもっています。

購入方法は、1つの店舗で即断即決してしまうのではなく、複数のジュエリーショップ・宝飾店をまわって、もっともいいと思ったものを吟味して最終判断することです。

※お店は事前にある程度に絞っておくのがオススメ…婚約指輪トレンドランキングでチェック

■保証書・鑑定書、フォローを確認すること。

婚約指輪や結婚指輪には必ず保証書が付いています。

鑑定書と保証書は一対になっていますのでそれを確認しましょう。

素人には素材の真偽を見極めることができないので、地元で長年営業している信頼性の高いお店を選ぶことです。

店内にはキャリアのある専門家が常駐していますので詳しい説明を受けてください。

指輪のサイズの修正やメンテナンス、アフターサービス、クリーニングについてなど、後々の事柄についても聞き出しておくことが大切です。

■婚約指輪だけではなく、サイズ直しなどには最低限の期限があります。

即日直しはむずかしいので、スケジュールを聞いておきましょう。

男性が婚約指輪を1人で購入しに来る場合、よくあるのは婚約者の指輪のサイズを確認せずに購入してしまうパターンです。

サイズはあらかじめ何気ない会話の中で聞き出しておき、間違いのないように準備しましょう。