のぼりの激安サイトのルールを知る

宣伝効果抜群ののぼり。最近ではネットショップで激安ののぼりを見かけるようにもなりました。購入時に気を付ける点をご紹介します。

激安ののぼりを購入すれば費用対効果が高くなりますか?

のぼり旗の激安は、大規模な店やイベントに使ってこそ費用対効果があらわれます。

▼激安は大規模な利用でなければ割が合わない。

のぼりの激安価格と費用対効果についてですが、のぼりはもともと費用対効果が高い販促物です。

どれくらいの規模でのぼりを使うのかはわかりませんが、たとえば中古車フェアのような大規模な展示場に多くの旗を立てるなら費用対効果の見積もりは大事です。

ただし、個店である小規模な店が5本程度ののぼりを使うというなら、費用対効果を気にしても意味がありません。

▼もともと初期投資が少ないので費用対効果は高い。

なぜ個店は激安にしてもしなくても費用対効果に差が生じないかというと、旗の値段はオリジナルのぼり旗でも1本3,000円が相場の上限。

コレを5本まとめて発注すると3割程度値引いてくれます。

つまり1本あたりの単価が2,000円くらいになります。

2,000円程度の旗を立てるだけで、それまでの1割増程度の集客は見込めるので、のぼりを立てた初日に元は取れる計算になります。

▼激安でいくなら20本以上ののぼりを発注しましょう。

5本程度であれば、普通の価格で頼んでも費用対効果に変化はありません。

安さばかりを優先して、肝心ののぼりに入れ込むキャッチの特徴や、店やイベントの独自性がおろそかになっては主客転倒です。

激安は規模で勝負するとき、レストランなど小規模な利用なら普通ののぼり専門店に依頼したほうが満足度は高いと認識しておきましょう。


Categorised as: 激安ののぼりと費用対効果

Comments are disabled on this post


Comments are closed.