婚約指輪は既製品とオーダーメイドとでは、価値が違うのですか?

婚約指輪の既製品とオーダーメイドで価値が違うのかといえば、市場での評価はまったく同じです。

問われるのは金属の価値、宝石の輝きなどです。

概要をお話しします。

■婚約指輪の価値にある2つの側面。

婚約指輪は既製品とオーダーメイドで価値が違うというのには、2つの側面があります。

1つはふたりだけの、あるいは結婚相手だけの世界で1つだけという、オリジナルとしての価値です。

もう1つは、質問者の問いにもあったように、市場にでたときの価値です。

そのときの価値は婚約指輪の宝石の部分とリングの金属としての価値(市場価格)に分けられます。

金属は一度溶かされてもとの状態に戻されます。

純度が高ければ、そのときの相場価格で売買されます。

宝石は原石には戻せないので、純度、輝き、カットの優秀性などが価値基準になります。

■オリジナル性と市場評価は無関係。

婚約指輪がオリジナルデザインだからといって、そのこと自体で市場の価値が変わるわけではありません。

たとえば金などは、デザインされていないもののほうが価値が高く、凝ったものはよほどの逸品(世界のコレクターが欲しがる有名なデザイナーのもの)でない限り、価値が下がります。

婚約指輪のオーダーメイドについては、ふたりのあいだの永遠の価値と解釈しておくべきです。

■オリジナルの婚約指輪でも市場に出せば換金性はありますが、オリジナルだから高く売れるというわけではありません。

先にお話ししたように、婚約指輪のデザイン性と市場の評価はまったく別ものです。

凝っていてもそうでなくても、市場では流通性の高い形が好まれます。

通常のジュエリーショップでオーダーした程度の婚約指輪なら、金属の価値と宝石の価値だけが素の状態で評価され取引されます。