のぼりの激安サイトのルールを知る

宣伝効果抜群ののぼり。最近ではネットショップで激安ののぼりを見かけるようにもなりました。購入時に気を付ける点をご紹介します。

激安価格ののぼりと普通の価格のものとでは耐久性が違う?

激安価格店ののぼり生地やインクは、安価な輸入品だから耐久性に問題アリとする見方があります。

旗の耐久性について詳細を説明します。

▼激安だから耐久性が低いとは言い切れない現状。

「激安価格ののぼりの耐久性について」ですが、生地やインクは海外からの輸入品で、大量に仕入れることでコストダウンをはかっています。

それが品質や耐久性にどの程度影響するかはわかりません。

通常、普通の価格ののぼり専門店では、品質や耐久性を自社で責任をもつため、インクの調製は自社で生地ごとに調製したものを使っています。

企業秘密にしている店もあります。

▼のぼりは1シーズンの短命だからこそ手頃な価格。

のぼりの耐久性に違いはあるが、のぼりはもともと1シーズンで作り替えることが前提です。

旗は外に出して使うため、紫外線や風雨にさらされる過酷な条件下にあり、どうやっても耐久性には限界があります。

それ以上の耐久性を求めるなら生地を替えるしかありません。

リーズナブルな価格とされるテトロンポンジではなく、テトロンツイル、トロピカル、天竺といった生地です。

▼耐久性・変質・色褪せなど、のぼり旗の寿命は3カ月を1つの区切りに。

1年使うなどの長期は、生地を変える必要があります。

激安店で1年もつのぼりを要求するのは無理な話です。

のぼりは数ある販促物の中でも、コスト面では最強のツール。

安くて効果が高い、したがって3カ月以上の耐久性は問われないのが通例です。

耐久性を問うなら、高質な生地を探してください。


Categorised as: 激安ののぼりと普通ののぼり

Comments are disabled on this post


Comments are closed.