婚約指輪の素材でおすすめは

婚約指輪を選ぶ時、ダイヤばかりを見ていませんか。

その土台となる指輪の素材も大切です。

婚約指輪の素材は、プラチナやゴールドが主流ですが、ゴールドにもいろんな種類があるのです。

日本ではプラチナが主流となっていますが、何か理由はあるのでしょうか。

【プラチナが一番相応しい?】

婚約指輪の定番のデザインと言えば、ソリティアタイプのダイヤを乗せた指輪です。

ソリティアタイプのダイヤは、プラチナ素材のリングを美しく見せると言われています。

ダイヤモンドの輝きが、プラチナによってなお一層引き立つと言われているのです。

また、プラチナは耐久性もあって錆びたり変色しないことから婚約指輪や結婚指輪に向いていると言われています。

【ゴールドも魅力的】

日本ではプラチナが主流ですが、欧米ではゴールドがポピュラーなのはご存知ですか。

イエローゴールドがゴールドの中でも主流で、セレブたちから支持されているのです。

ただ、プラチナのように白くないので、ダイヤがあまり引き立たないのと、ファッションリングに見えてしまうために日本ではあまり選ばれないようです。

しかし、最近ではイエローゴールドやホワイトゴールドなどを使った婚約指輪も見かけるようになっています。

【ピンクゴールドが注目されている】

最近、ピンクゴールドが注目されているようです。

かわいらしさがあって、日本人の肌の色にもぴったり合うので婚約指輪や結婚指輪に選ぶカップルも増えています。

指輪を選ぶのはやはり女性ですから、女性の好みに合わせて選ぶと良いですね。